月別アーカイブ: 2016年12月

片頭痛の治し方を探しながら上手に付き合っていくしかない?

Published / by enostun / Leave a Comment
スポンサーリンク

41歳 男性

私が片頭痛を引き起こすようになったのは20代前半頃からです。

社会人になってから疲労やストレスを感じるようになり、それが原因で片頭痛の症状に悩まされるようになったということを自覚しています。

私の場合は、波を打つような痛みと頭全体が圧迫されるような鈍痛が症状としてあらわれます。

生活に支障をきたしてしまい仕事を休んでしまったこともありました。

痛みが出た際には薬で対処していましたが、あまりにも片頭痛が起こる頻度が高いのでその都度薬を飲むということに対して抵抗感を抱くようになりました。

そこで、痛みを緩和させるために頭を冷やしたりこめかみを圧迫したりなどの対処法も取り入れるようになりました。

頭の血管の拡張で炎症が起こることが痛みの原因となるので、これらの対処法により血管を収縮させたり血流を阻害したりして痛みを緩和させていました。

これが大正解で、応急処置としてはとても効果的でした。

そして、健康的で規則正しい生活習慣を身につけたり疲労やストレスをため込まないようにしたりなどを心がけるようになりました。

その結果、片頭痛を起こす回数が格段に減りました。

これからも片頭痛の良い治し方を探しながら上手に付き合っていきたいです。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

片頭痛はつらい、でも薬は飲みすぎたくない。

Published / by enostun / Leave a Comment
スポンサーリンク

32歳 女性

私は、不摂生な生活が続いたりストレスや疲労がたまったりすると片頭痛の症状に見舞われます。

だいたい、朝、目が覚めると片方のコメカミあたりが痛いことが多いです。

ズキンズキンと波を打つような痛みや重苦しい鈍痛に襲われるのでとてもつらく、生活に支障をきたしてしまうこともあります。

しかし、片頭痛が起こるたびに薬を飲むことに対して抵抗があったので、薬以外の対処法で痛みを軽減させるという方法を取り入れてみました。

私が取り入れた方法は、頭全体を冷やすという方法とこめかみの部分を強く押すという方法です。

頭の血管の拡張による刺激が痛みに結び付いてしまうので、冷やすことで血管が収縮されてつらい痛みを軽減させる効果が期待できます。

こめかみの部分を強く押すことにより血液の流れを阻害して、結果拡張した血管を収縮させることにより、痛みの軽減につながるのだと想像しています。

この対処法は応急処置としてとても効果的ですが、それでも片頭痛が治らない場合もあります。

コーヒーを飲んで治る場合もあります。いろいろと試して痛みが軽減されないときに最後に薬を飲むようにしています。

痛みを軽減させる対処法を知っておくということだけでも気分的にとても楽になります。

いずれにしても、片頭痛もちはつらいですね。

何か根本的に治る方法があればとネット情報を探しています。

。 。

参考サイト→片頭痛サプリ通販

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});