頭痛の原因、水分とマグネシウム不足

慢性頭痛になると薬が手放せなくなってくるのですが、薬を飲み過ぎると副作用が心配です。

また、薬物乱用頭痛と言って薬の飲み過ぎが原因の頭痛もあります。


かといって薬なしで痛みをこらえるのも大変なので、何らかの対策は必須ですね。


慢性頭痛について色々と調べてみると、水分不足が原因になっていることが分かりました。


私の経験上、確かに作業に熱中していて飲み物を飲まないでいる時や炎天下の中で過ごしている時には頭が痛くなりやすいような気がします。


そこで調べてみたところ、水分不足になると血液がドロドロになり、酸素の供給量が減ってしまうため痛みが発生すると考えられています。


機能を維持するための酸素や水分が足りなくなると供給量を増やそうとして血管が拡張し、それが神経を圧迫して痛みが出ることもあるようです。


慢性頭痛を防ぐには水分補給を欠かさないことが大事ですが、飲み過ぎるとミネラルバランスが崩れてしまうので気を付けなければいけません。


と言うのも慢性頭痛にはマグネシウムが関係しているという説があり、不足すると血液の凝固を抑える機能が弱くなるなって頭痛が発生しやすくなる事と、マグネシウム不足によってセロトニンが増え痛みが出る事が原因とされているため、水を飲む時はマグネシウムも一緒に摂取するのが良いようです。


私のおすすめは水分とマグネシウムを同時に補給できる海洋深層水です。

偏頭痛に効くマグネシウムたっぷりのお水
>>海洋深層水AECスッキリウォーター<<

。。。

関連サイト:海洋深層水通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です