未分類」カテゴリーアーカイブ

偏頭痛のこの辛さはただ事じゃない!

Published / by enostun / Leave a Comment
スポンサーリンク

今朝から頭痛がひどいのです。

元々頭痛持ちで時々朝起きると同時に頭が痛い時が時々あります。

左側のコメカミあたりが、ズキズキして、それは波打つように襲ってきます。

たぶんこれは「偏頭痛」だと思うのですが、医者で診ていただいたことはありません。

今日の頭痛はとにかく耐えられないくらい、泣きたいくらい痛いんです。

薬局に言って聞いたら、偏頭痛は市販のクスリでは効果が限られていると言われました。

いつも行く病院は外来の受付が午前中で終わるので、明日一番に病院で診ていただくことにします。

当言えば、私の母も姉もそろって頭痛持ちで、年に何回かは酷い頭痛に見舞われて寝ていることがあります。

やはり、頭痛は遺伝するようですね。

慢性頭痛は死に至るような深刻な病気ではないと言いますが、でもこの辛さはただ事で済ませられないくらいです。

何か頭痛が軽くなるサプリとかの良い方法は無いかと探すことにします。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

偏頭痛でも薬の飲みすぎに注意

Published / by enostun / Leave a Comment
スポンサーリンク

いつもではないのですが、時々偏頭痛の症状に悩まされています。

かといって、病院に行くほどではないと自分で思ってしまっているので、病院には通っていません。
いつも偏頭痛を治すのには頭痛薬を使っています。

少々の痛みならあまり飲みすぎるのもよくないかと思い我慢していますが、あまりに痛くて他のことに手がつかないと思うときにはきちんと飲むようにしています。
薬を飲みすぎると耐性がついてしまって、効かなくなったり副作用があったりなど聞くこともあるので不安になることもありますが、今のところそういったものは出ていません。

それよりも、偏頭痛をどうにかして日常生活に支障が無い方を選んだ方がいいと私は判断しています。
本当に頭痛がする時には、他のことに手がつかなくなってしまうのが一番嫌なんです。

そう思うと薬で緩和できるのはとてもありがたいです。
私の昔の同僚で、偏頭痛が始まるたびに早めに薬を飲んでいたら、時には頭が痛くなくても予防するつもりで薬を飲んでいたらしくて、そのうち頭痛が起きても薬が効かなくなった人がいます。

あまりにも頻繁に偏頭痛が起きるようになり、結局仕事が手に付かずに、会社を辞めて自宅療養するようになりました。

(参考サイト:偏頭痛で仕事が辛い

そんな例もあるので、薬の飲みすぎには注意しつつ暮らし、出来れば頭痛を予防するような方法があれば探してみようと思います。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

偏頭痛の決定的に効果のある予防法を探しています

Published / by enostun / Leave a Comment
スポンサーリンク

片頭痛持ちなので、頻繁に頭痛に悩まされます。
私が頭痛を感じたときは、医師から処方された薬を飲み、できる限り横になるようにしています。
大抵の場合、片頭痛が出る時は予兆があり、頭の片側が重く感じるようになり、目の前がチカチカして見えるので、そのような症状が出てきたらできるだけすぐに薬を飲み、安静にするように心がけています。
仕事や出先、運転中などですぐに安静にすることが出来ない場合でも、薬を飲めば症状はある程度解消されます。
病院で薬を処方してもらう前は、市販薬が効かない場合があり、本当につらくて寝ても起きても始終痛いので途方にくれました。

処方された薬を飲むと驚くほど症状が治まるので、いつも持ち歩いています。
又、横になるときは部屋を暗くしてなるべくリラックス出来る環境を整えています。
日頃から片頭痛が出ないよう、アロマテラビーをしたり、時間があるときは半身浴をするなどしてなるべく落ち着ける環境を作ることを心がけていますが、決定的に効果のある予防法が探せずにいます

ストレスも関係している気がするので、あまり考えすぎたり無理をしないようにしています。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

私の頭痛は緊張型と片頭痛との複合型

Published / by enostun / Leave a Comment
スポンサーリンク

私の頭痛の解消方法は、頭痛の原因によっていくつかあります。

まず1つ目に、お風呂に入り、湯船にゆっくりつかることです。

私の頭痛は主に肩こりからきているものが主なので、湯船にゆっくりつかることによって、血行を促進させることで治ることが多いです。

この時、肩周りのストレッチをすると更に効果的です。

次に、シップを肩に貼ることです。

こちらも肩こりからくる頭痛の解消法としてとても有効です。

以上のように血行を良くして治る頭痛は、おそらく緊張型頭痛です。

私の場合は片頭痛もあり、医者からは緊張型と片頭痛との複合型と言われました。

片頭痛のほうは非常に厄介で、片頭痛になるとお風呂でゆっくりやストレッチなどの血行促進では解消されません。

なので、病院でもらった片頭痛薬を飲みます。

服用後に眠くなるなど、その後の活動に影響が出てしまうことがあるのであまり積極的に使いたくはないですが、すぐに効くので手放せません。

上記のどれを試しても頭痛が取れない時は、目が疲れて頭痛がおきている可能性があるので、目を休めるために睡眠をとっています。

私は以上の方法で頭痛を解消しています。

。。

参考→片頭痛予防サプリで治す「ずきしらずの実通販

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

偏頭痛の根本的な治療法を探しています

Published / by enostun / Leave a Comment
スポンサーリンク

26歳 女性

肩こりや首こりから頭痛になることがありますよね。

そんな時の頭痛はおそらく緊張型頭痛だと思われます。

私の場合ですが、緊張型頭痛の時はまだ我慢できるて、湿布を張ったり、お風呂に入ったりしてリラックスすれば、薬を飲まなくても済んでしまいます。

ただ、それを通り越してコメカミあたりがギンギンと痛くなり、もっとひどい場合は吐き気を伴う時があります。

これが偏頭痛で、こうなると我慢できずに薬を飲みます。

それも、市販の薬が効かないので病院で処方していただいたゾーミッグと言う偏頭痛用の薬です。

こうならないように片頭痛の気配があったときの予防法をいろいろと探していたのですが、自分なりに分かったことは、コーヒーを飲むこと、首や後頭部を冷やすこと、

暗い静かな部屋で座って休むこと(寝るとかえってひどくなります)。

以上です。

偏頭痛が出ないようにする、根本的な治療法があればよいのです、どの医者に効いても教えてはくれません。

偏頭痛のメカニズムや根本的な治療法はまだ確立されていないようなのです。

ならば、偏頭痛が酷くならないように、上手に予防しながら過ごすしかないですね。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});