薬以外で頭痛を治す方法を探しました

Published / by enostun / Leave a Comment
スポンサーリンク

29歳 男性

私が頭痛持ちだと意識しだしたのは社会人になって間もなくの24歳くらいからです。

天気が悪い日や、残業が重なってストレスが積もったときなんかには頭が痛くなっていました。

親が心配して、病院に行って検査をするように言われ、市民病院で脳ドックをしました。

が、思った通り異常なしで、緊張型頭痛、もしくは偏頭痛と言われました。

私のような慢性頭痛に苦しむ人は大変多いのですが、西洋医学では病気とは言えないくらい軽視されています。

原因も諸説あり、根本治療の方法も決まっていないようです。

ただ、対症療法としての薬はあるようで、私の場合、市販の薬が効かない場合はこの薬を飲みなさい、と言われてトリプタン系のゾーミッグをもらいました。

実際、これを飲めばスッと頭痛は引きました。

薬に頼る対症療法は根本的に治っているとは言えないし、実際頭痛発作の回数は増える一方でした。

そこで、薬以外で頭痛を治す方法を探しましたが、今一番効果がありそうなのは、頭のツボを押すツボ押しです。

頭の頂上から前頭部、コメカミあたりを十本の指を立てて押します。

偏頭痛の出はじめにこのツボ押しをすれば治ってしまうこともあります。

とは言え、これも対症療法に違いありません。

何か根本的な治療法、良い偏頭痛の予防法はないものかと探しています。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

片頭痛の治し方

Published / by enostun / Leave a Comment
スポンサーリンク

35歳 男性

最近のハードなパソコンワークがたたってか、頭痛が一層ひどくなりました。

以前から頭痛持ちだったのですが、一年くらい前から頭痛発作が頻発するようになりました。

市販の薬を飲んで治していたのですが、最近は効かないなあと思うようになっていました。

また、効果があっても2,3日後にはまた頭痛が戻ってきたりしました。

それで、病院の神経内科で診てもらったところ片頭痛と診断され、専用の薬をいただきました。

この薬は飲めばものの一時間くらいにして痛みが消えて頭がスッキリしました。

でも、薬で治っても4,5日たつとまた片頭痛がやってきます。

そのたびに薬を飲んで治しました。

こんな繰り返しで4~5ヵ月経った頃、急に病院の処方薬が効かなくなってきました。

慌てて病院で別の薬をいただこうと聞いたところ、薬物乱用頭痛と言われました。

薬の飲みすぎで、薬を飲むと余計に頭痛の痛みを増すような状態と言うこと。

楽物乱用頭痛から逃れるには、薬の量を減らすしかないと言われ、それ以来、できるだけ薬を飲まずに我慢するようになりました。

同時に、ネットで見つけた片頭痛サプリを飲むようになりました。

以来、辛い毎日が続き、仕事も手に付かず、会社を休む日も多くなりました。

そして、さらに半年くらい経った頃、飲み続けていた片頭痛サプリの効果が出てきたのだと思います。

頭痛発作の数もが減り、頭痛になっても軽くなってきました。

頭痛薬を飲みすぎかなあ、と不安な人、薬の量を減らすためには、片頭痛サプリは非常に効果的だと思います。

参考サイト→偏頭痛薬より予防サプリ

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

片頭痛の治し方を探しながら上手に付き合っていくしかない?

Published / by enostun / Leave a Comment
スポンサーリンク

41歳 男性

私が片頭痛を引き起こすようになったのは20代前半頃からです。

社会人になってから疲労やストレスを感じるようになり、それが原因で片頭痛の症状に悩まされるようになったということを自覚しています。

私の場合は、波を打つような痛みと頭全体が圧迫されるような鈍痛が症状としてあらわれます。

生活に支障をきたしてしまい仕事を休んでしまったこともありました。

痛みが出た際には薬で対処していましたが、あまりにも片頭痛が起こる頻度が高いのでその都度薬を飲むということに対して抵抗感を抱くようになりました。

そこで、痛みを緩和させるために頭を冷やしたりこめかみを圧迫したりなどの対処法も取り入れるようになりました。

頭の血管の拡張で炎症が起こることが痛みの原因となるので、これらの対処法により血管を収縮させたり血流を阻害したりして痛みを緩和させていました。

これが大正解で、応急処置としてはとても効果的でした。

そして、健康的で規則正しい生活習慣を身につけたり疲労やストレスをため込まないようにしたりなどを心がけるようになりました。

その結果、片頭痛を起こす回数が格段に減りました。

これからも片頭痛の良い治し方を探しながら上手に付き合っていきたいです。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

片頭痛はつらい、でも薬は飲みすぎたくない。

Published / by enostun / Leave a Comment
スポンサーリンク

32歳 女性

私は、不摂生な生活が続いたりストレスや疲労がたまったりすると片頭痛の症状に見舞われます。

だいたい、朝、目が覚めると片方のコメカミあたりが痛いことが多いです。

ズキンズキンと波を打つような痛みや重苦しい鈍痛に襲われるのでとてもつらく、生活に支障をきたしてしまうこともあります。

しかし、片頭痛が起こるたびに薬を飲むことに対して抵抗があったので、薬以外の対処法で痛みを軽減させるという方法を取り入れてみました。

私が取り入れた方法は、頭全体を冷やすという方法とこめかみの部分を強く押すという方法です。

頭の血管の拡張による刺激が痛みに結び付いてしまうので、冷やすことで血管が収縮されてつらい痛みを軽減させる効果が期待できます。

こめかみの部分を強く押すことにより血液の流れを阻害して、結果拡張した血管を収縮させることにより、痛みの軽減につながるのだと想像しています。

この対処法は応急処置としてとても効果的ですが、それでも片頭痛が治らない場合もあります。

コーヒーを飲んで治る場合もあります。いろいろと試して痛みが軽減されないときに最後に薬を飲むようにしています。

痛みを軽減させる対処法を知っておくということだけでも気分的にとても楽になります。

いずれにしても、片頭痛もちはつらいですね。

何か根本的に治る方法があればとネット情報を探しています。

。 。

参考サイト→片頭痛サプリ通販

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

良い頭痛予防法、解消法はないかと探しています。

Published / by enostun / Leave a Comment
スポンサーリンク

私は長年片頭痛の症状に悩まされてきましたが、痛みが出てその都度早めに薬を飲むということに対してなんとなく抵抗感を抱いていました。

お医者に聞いたり、薬剤師さんに聞いたりすると、必ず症状が出たら早めに薬を飲むこと、とか教えてくれますが、

でも、薬を長年飲み続けた結果、どんどん薬の効果が薄れてきて、効かなくなってきたことを実感しているからです。

そこで取り入れたのが痛みを軽減させるための薬以外の対処法です。

私が行った対処法としては、頭を冷やすこととこめかみを押すということです。

頭の血管の拡張が痛みに結び付いてしまうので、冷やして血管を収縮させることで痛みを軽減させることができます。

こめかみを強く押して圧迫すると頭の血管の血流が阻害されるので痛みの軽減につながります。

この対処法を取り入れるようになってからはだいぶ楽になりました。

そして、栄養バランスのとれた食事や適度な運動や良質な睡眠や規則正しい生活リズムなどの健康的な生活習慣を心がけるようにもなりました。

精神的なストレスや身体的なストレスも片頭痛の原因となってしまうので、ストレスを解消させたり疲労を回復させたりするということも意識しました。

いろいろと他に頭痛予防に良いと言われることを試してきましたが、これは!と言う決定打はまだ見つかりません。

薬に頼り過ぎるのは良くないということだけは実感しているので、まだまだいろいろと薬以外の頭痛軽減法、解消法を探している状況です。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});